もともと一人旅が好きなのですが、仕事で疲れきってしまった時に、とっさに、綺麗な海が見たい!と沖縄に行こうと決めました。
中でも離島好きなので、せっかく沖縄行くなら本島以外にも、島に行こうと思い立って計画しました。

沖縄本島は、琉球空手目的の海外の方もたくさんいて、ゆいレールに乗る際に困っていた海外の方に、
つたない英語で乗り方を教えてあげたのですが、これまた驚きました、ホテルが近くて、同じ駅で降りる方でした。
駅を降りた時点で、じゃあねーと別れ、ホテルにチェックインをしてひと段落して、1人で那覇をブラブラしていたら、
またその海外の方に出会い、お互いに予定のない時間は共にご飯をしたりとしておりました。
(ちなみに彼が帰国した今でも友達です。まさか疲れて行った一人旅でこんな友達ができるとは!と嬉しい旅の思い出になっています。)

翌日は、彼も予定があり、私はいよいよ阿嘉島へ!船で上陸し、歩いて行けるビーチに一目散。
歩いている途中に、島民とすれ違うと、皆さんこんにちはーと優しく声を掛けて下さいました。

途中、道がわからなくなった時も尋ねると快く教えて下さいました。
そして無事に着いたビーチには、声を失うほどの綺麗な海。
日本にこんなステキな海があったのを知らなかったですし、来てよかった、日本人でよかった!と、感動が止まりませんでした。

何もしないでずーっと海だけを見ていられるほどです。
あの感動は絶対に忘れませんし、必ずまた行きたいと思っています。

翌日に帰る予定でしたが、海外の彼はしっかりお見送りまでしてくれで、本当に本当に人生で1番の思い出になっています。必ずまた行きます!