大学時代まで、とにかくサッカー(特にJリーグ)が大好きだったので、何かサッカーに関われるアルバイトはないかと探した結果、このアルバイトを始めました。
当時、埼玉県に住んでいましたが、勤務地は毎回電車で片道約2時間。でも、その交通費まで全額支給してくれるのです。

サッカーが大好きだった私は、そんな時間も苦痛に思わず週末の度に遠征していまいした。
アルバイトの内容は、スタジアム内で牛丼や唐揚げ、ビールなどの軽食をブースで販売する仕事でした。
アルバイトのメンバーの中で1人がカゴに食べ物やビールを入れて、売り子さんのように歩き回って販売するのですが、私は主にそれをやっていました。

それで、試合も見ながら販売もでき、当時の私にとっては本当に楽しい仕事でした。
毎週いると、ファンの人たちとも仲良くなり、自然とそのチームも応援するようになっていました。
勤務終了後は、片付けや掃除などの雑務は一切なく、試合が終わったと同時に退勤していました。

余った牛丼屋唐揚げを毎回大量に貰い、時給もかなり良く、過去にしたアルバイトの中では一番楽しかったです。