中国の天津という街は、中国の文化が好きな人、あんまり詳しくなくてもなんとなく中国に興味があるという人なら必ず楽しめると思います。
天津に着いて一番に行った場所は古文化街ですが、街の風景や現地の方々に対して、
幼い頃「中国ってこんな国なんだろうな~」と頭の中で夢に見た通りの印象を持ちました。

外でのんびり麻雀やトランプをやっている人が大勢いて、都会の喧騒から離れられてほっとした気持ちになりました。
また天津人はとても親切で、わたしが頑張って中国語を勉強していることをすごく褒めてくれたり、
具合が悪くなってしまった時にお店の中で寝かせてくれたり、とたくさん気遣って下さいました。
天津に来て間もなく、外国にいるという緊張感が全くなくなっている自分に気が付きました。

二日目には水上公園に行きました。太極拳をやっている光景が中国らしくて良いなと思いました。
公園内のレストランや茶館も中華テイストな装飾で、お料理やお茶を楽しみながら広大な湖に浮かぶ公園の自然や、中国の日常生活を味わえて良かったです。