髪の毛のキューティクルはウロコのようになっているそうです。
そのウロコがしっかりと滑らかになるように、シャンプー後の洗い流しはつむじから毛先に向かって流すようにしています。

また、タオルでしっかりと水分を吸い取ったあとはドライヤーをかけるのですが、これもさっきと同じ要領で髪の毛の流れにそって風を当てるようにしています。
キューティクルがきれいに閉じるためには時間はかかるかもしれないですが、この方法の方がきれいに仕上がります。おかげで切れ毛は減りました!

髪の毛が長くなるとどうしてもヘアブラシに髪の毛が絡まりやすくなると思うのですが、
その時も無理やり力まかせに通すのではなく、一旦ブラシを髪の毛から外し、再度チャレンジするようにしています。

なるべくキューティクルが傷つかないようにすることはちょっとしたことばかりですが、良いシャンプーを使うばかりに気がいっていたころより髪の毛の調子はよいです。
髪の毛を伸ばしていてもしっとりと仕上がるようになって満足です。